ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

難民救出劇 さようなら、マーレ・ノストルム作戦

2013年10月にイタリアが開始したマーレ・ノストルム作戦は、地中海で15万人の難民の命を救ってきた。そのうち1万8千人は未成年者だった。14年10月末に終了したこの作戦を写真で振り返る。

マーレ・ノストルム作戦の目標は明確だ。地中海を渡航する移民を見つけ、救助することだ。難民を乗せた船が発見されると、すぐに救助命令が発せられる。任務で使用された船には、イタリア軍の軍用艦や巡洋船のほか、近くを航行する商業船もあった。

作戦が行われている間は、シチリア島にはほぼ毎週難民船が到着した。10月初旬にはシチリアの町ポッツァーロに1千人以上の移民が押し寄せた。その多くは長旅で疲れ切っており、はだしで、食べ物に飢えていた。一方、手にかばんを持っていたり、到着時の写真を撮ろうと携帯電話を握っていたりする人もいた。

マーレ・ノストルム作戦が完璧だったわけではない。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、14年1月からすでに3千人の難民がボートで渡航中に命を落とした。しかし、同作戦が終了し、国境警備に力を入れる欧州連合(EU)のトリトン作戦が始まったことで、難民の状況はさらに悪化する可能性がある。

(写真と文・ Stefania Summermatter、翻訳・swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。