Navigation

雨ニモマケズ、野外オペラ

豪雨と冷夏に祟られた今夏の野外オペラシーズンだが、ソロトゥルンとアヴァンシュは、若干のプログラム変更でがんばっている。特に7月6日のアヴァンシュのインターネット・ライブは大成功をおさめた。

このコンテンツは 2000/07/25 10:23

豪雨と冷夏に祟られた今夏の野外オペラシーズンだが、ソロトゥルンとアヴァンシュは、若干のプログラム変更でがんばっている。特に7月6日のアヴァンシュのインターネット・ライブは大成功をおさめた。

ソロトゥルンの第10回クラシック・オープンエアーは、雨天のためオペラ公演4回と英ソプラノ歌手Ann Murrayのバロック音楽コンサートをザンクト・ウルス聖堂の野外会場からコンサート・ホールに変更した。

古代ローマ帝国の遺跡の町アヴァンシュのロ−マ式円形劇場で開かれる、アヴァンシュ野外オペラ・フェスティバルでは、雨のためヴェルディの「アイーダ」が2回キャンセルされた。が、インターネット・ライブのおかげで1995年の初演以上の観客動員に成功した。1、000人以上の人が、初日のインターネット・ライブにアクセスしたと言う。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。