Navigation

電力供給会社40社、合弁設立。電力市場開放へ布石

BKWミューレベルグ原発のコントロールルーム Keystone Archive

スイス最大の電力会社BKW(ベルン)と地方電力供給会社40社は19日、合弁会社「ユーティリティー」を設立した。ユーティリティーは「1トール・エネルギー」のブランドで電力を供給、公式な電力市場開放に先立ち新しい製品の開発とサービスの質の効率的な利用を目指す。

このコンテンツは 2001/04/20 10:03

合弁会社設立についてBKW役員のクルト・ローバッハ氏は、大小(企業と個人)規模の顧客双方に新製品とサービスの利点と利益をできるだけ早く届けるためと、語った。同社は年内に国内初の水力発電電力「ウォータースター」を導入する計画だ。

連邦政府のスイス電力市場の段階的開放計画は、国民投票の審査を待つばかりとなっている。スイスには約1200の電気公共事業体があり、電力の55%は水力、40%は原子力による発電だ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。