Navigation

1月の失業率、過去2年で最高

連邦経済情勢事務局(SECO)が11日公表した統計によると、2002年1月の失業率は2.6%(前月比2%増)、完全失業者数は93、714人で、過去2年間で最高となった。

このコンテンツは 2002/02/12 13:43

失業率が上昇した背景には、スイス経済の減速がある。各労働組合は、完全失業者数が国民に心理的影響を及ぼす1万人の壁を破るのは時間の問題だと懸念を表明した。州別では、相変わらずジュネーブ州の失業率が最高で5. 1%、ついでティチーノの4%。また、失業率の上昇が最高だったのはユラ州で12月の0.6%から3.5%に増えた。一方、1月の有効求人数は9、531件と停滞している。

SECOは、今年の年平均失業者数は80、000人程度で昨年の67、000人を上回ると予測する。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。