ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

10月から12月の経済成長やや減速

国立経済情勢事務局が8日発表した統計によると、2000年10月から12月までの3ヵ月間の経済成長率は2.5%で、7月から9月までの3.6%より下回ったが、2000年の年間成長率は3.4%と過去10年間で最高水準となった。

アナリストらは2000年のGDP成長率を2.2%から3.2%の間と予測していたが、過去10年間で最高の3.4%を記録、1999年の1.5%を大きく上回った。官民のエコノミストらで構成する政府諮問委員会は、今年2001年の経済成長率は2.25%程度と予測している。スイス国立銀行(SNB)は、10月から12月の経済成長率がやや減速したのは、スイスの経済成長率が通常の伸び率に戻った事を反映していると見る。

一方、昨年10月から12月までの個人消費は0.9%に落ち込んだが(7月から9月=2%)、資本投資は7月から9月までの5.7%から6.7%まで上昇した。また、スイスフランは経済成長率が米国、欧州とも全体的に減速気味であるにも関わらず対ドル、対ユーロほとん変動がないことから、SNBに利下げの余地を与えたと見られる。クレディ・スイス・ファースト・ボストンのエコノミストは、今月末少なくとも25ポイント金利を引き下げるだろうとの予測を語った。

現在SNBは中期(3ヵ月)ロンドン銀行間取引金利のターゲットレンジを3%から4%に置いている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×