ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

10月の物価、インフレ下降

連邦統計局(ヌーシャテル)の発表では、原油価格の高騰による燃料費の上昇にも関わらず、10月のインフレ率は1.9%で前月比ー0.4%、また消費者物価も前月比ー0.3%と、9月よりマイナスになった。

連邦統計局(ヌーシャテル)の発表では、原油価格の高騰による燃料費の上昇にも関わらず、10月のインフレ率は1.9%で前月比ー0.4%、また消費者物価も前月比ー0.3%と、9月よりマイナスになった。

連邦統計局によると、今年の平均インフレ率は1.8%になる見込みだが、原油価格の上昇を除けば0.6%にすぎず、来年は1.9%になると予測している。

10月の消費者物価の低下の原因は、家賃と燃料費の値下がりにある。暖房用灯油の価格は、昨年と比較すれば+62%だが、9月よりは7.5%の値下がりとなった。



subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×