Navigation

10月の物価、インフレ下降

連邦統計局(ヌーシャテル)の発表では、原油価格の高騰による燃料費の上昇にも関わらず、10月のインフレ率は1.9%で前月比ー0.4%、また消費者物価も前月比ー0.3%と、9月よりマイナスになった。

このコンテンツは 2000/10/31 14:45

連邦統計局(ヌーシャテル)の発表では、原油価格の高騰による燃料費の上昇にも関わらず、10月のインフレ率は1.9%で前月比ー0.4%、また消費者物価も前月比ー0.3%と、9月よりマイナスになった。

連邦統計局によると、今年の平均インフレ率は1.8%になる見込みだが、原油価格の上昇を除けば0.6%にすぎず、来年は1.9%になると予測している。

10月の消費者物価の低下の原因は、家賃と燃料費の値下がりにある。暖房用灯油の価格は、昨年と比較すれば+62%だが、9月よりは7.5%の値下がりとなった。



このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。