ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

1971年から2016年まで 過去45年、投票率の高かった国民投票はどれか?

2016年2月28日の国民投票は、1992年の欧州経済領域加盟をめぐる投票に次ぐ高い投票率となり、約63%を記録した。その背景には、「外国人犯罪者の国外追放強化」と「ゴッタルド第2道路トンネル」という二つの重要な案件があったからだ。

今回の投票率の高さは、1971年の女性参政権導入以降の記録をうち破りそうな勢いだった。右派の国民党が提案した「外国人犯罪者の国外追放強化イニシアチブ」に反対する市民が、大きく動いたからだ。

それに、ゴッタルド第2道路トンネルの是非を問う投票、そして各州レベルでの重要案件が加わり、投票率はさらに押し上げられた。

過去45年を見ると、とりわけ多くの投票者の関心を呼んだのは、外国人や欧州連合(EU)に関係する案件だ。こうした有権者の関心を呼んだ国民投票を写真で追った。

(文・Stefania Summermatter、写真編集・Thomas Kern、swissinfo.ch)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。