Navigation

5日から夏期国会開会

連邦議会の夏期会議が、5日から3週間開かれる。主な議題は、EU加盟問題と電力市場の自由化だ。

このコンテンツは 2000/06/06 16:10

連邦議会の夏期会議が、5日から3週間開かれる。主な議題は、EU加盟問題と電力市場の自由化だ。

EUとの一連の相互通商条約が、国民投票で承認された後の今年の夏期国会を、国民は通常にない関心を持って見ている。国民議会(下院)と全州議会(上院)の合同会議は、EU加盟交渉の即時開始を求める国民投票の是非を討論する。

また電力市場の自由化も、討論の中心となる。電力市場の自由化は、スイスの法制をEUと横並びにしようとする政府政策の一環だ。9月の行われる見込みの国民投票を前に、激論がかわされることが予測される。

他に妊娠14週間以内の中絶の合法化、スイス武装部隊の国際平和維持活動への派兵の議案について、結論が出される予定だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。