スイスの視点を10言語で

スイス、反汚職のグローバル・アクションをよびかける

バンコクで開催された国連貿易開発会議(UNCTAD) で、ダービッド・シーズ・スイス代表は、汚職に抗する戦いと透明性を求めるより大きな努力が為された場合にのみ、グローバリゼーションは成功するだろうと、語った。

バンコクで開催された国連貿易開発会議(UNCTAD) で、ダービッド・シーズ・スイス代表は、汚職に抗する戦いと透明性を求めるより大きな努力が為された場合にのみ、グローバリゼーションは成功するだろうと、語った。

UNCTADは、シアトルでWTO閣僚会議が失敗に終わって以来、初めての国際貿易会議だ。UNCTAD もWTOも、本部はジュネーブにある。スイス経済省長官は、スイスは、その小ささにかかわらず、重要な役割を果たす事ができると、語った。また、シーズ代表は、スイスは、会議への準備や代表団の人数において、米国や英国よりも真剣にUNCTAD会議に臨んでいると、述べた。

UNCTADは4年に1度、開発の手段としての貿易の振興に焦点を置いて会議を開く。拘束力のある協定を決定する場ではないが、途上国が貿易協定に関して発言の機会を得る会議だ。

人気の記事

世界の読者と意見交換

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部