スイスの視点を10言語で

ネスレ収益大幅増

世界最大の食品会社ネスレは、1999年の純益12%、470万スイスフラン増と、アナリストの予測をはるかに上回る結果となった。

世界最大の食品会社ネスレは、1999年の純益12%、470万スイスフラン増と、アナリストの予測をはるかに上回る結果となった。

ヴォー州に本拠地を置く巨大多国籍企業ネスレ。今回発表された1999年度の会計報告では、総売り上げ高4%、74.7兆スイスフラン増、1株当たり収益(EPS)アップ13%、122スイスフランとなった。

ネスレは、予想以上の増益を、ビジネス・ポートフォリオの合理化と能率改善をもたらす結果となった、会社再構成の努力によると見ているが、新製品とブランドのマーケティングには、引き続き投資している。また、南米の経済状況は悪く、上半期の東欧経済もひどかったか、北米経済の安定した強さ、西欧経済の急激な発展、アジア経済の回復が、高成長を支えた。

ユニットの中でも特に収益が高かったのは、薬品化学のアルコン、ボトル入り飲料水、ジョイント・ベンチャー、栄養補助食品だった。

ゴッタルド銀行のパオロ・マッツォーニ・アナリストは、ネスレの有機部門は、総売り上げ高年平均4%に押し上げるだろうと分析している。

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部