ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「人道の理念」を基調とした赤十字

「赤十字国際委員会にスイスは大きく貢献している」とカルミ・レ外務大臣

(swissinfo.ch)

米グアンタナモ収容所で行われた拷問の責任者が訴追されるべきだとミシュリン・カルミ・レ外相はスイスインフォのインタビューで語った。

6月24日は、赤十字運動を創設したアンリ・デュナンが遭遇したソルフェリーノの戦いから150周年の日に当たる。これを機にカルミ・レ外相は国際人道法の擁護を巡る挑戦を語り、またスイスはグアンタナモの収容者を1人か2人受け入れる準備があると宣言した。

スイスインフォ : 赤十字の運動の意義は?

カルミ・レ : 赤十字の運動は、人道援助の理想の形を示し、犠牲者や民間人のために行動しています。アンリ・デュナンはそうした理想を体現しました。実は赤十字運動は何よりもまず保護および援助を必要とする人々との連帯を象徴します。

スイスインフォ : スイスと赤十字国際委員会 ( ICRC ) との関係を、どのようにお考えですか。

カルミ・レ : 赤十字国際委員会は中立で、独立した機関です。人道主義の長い伝統を誇る国スイスは赤十字国際委員会と理念を共有し、また同機関に貢献する代表的な国の1つです。この60年間、スイスはジュネーブ条約の寄託国でした。その結果、スイスはこの条約の公証人としてまた、倫理の守衛としての役割を果たしてきました。

スイスインフォ : ジュネーブ条約の使節としての役割を、自覚していらっしゃいますか。

カルミ・レ : スイスはジュネーブ条約に調印したほかの国と同様に、国際人道法を尊重しなくてはなりません。しかし、もう一度繰り返しますと、ジュネーブ条約の規則はスイス外交の基本的な理念と一致するため、 ( ほかの国より )さらに強く道徳的責任を感じています。

スイスインフォ : 対テロ戦争や最近の武力紛争での民間犠牲者の現状から、人道法の再検討がなされているのでしょうか。

カルミ・レ : 例えばスリランカの内戦で行われた国際人道法違反が原因となって、ジュネーブ条約の諸規則が問い直されることはありませんでした。しかし実際のところ、条約の解釈とその適用の在り方に問題があります。これには再検討が必要で、それは今始まったところです。

スイスインフォ : スイスは赤十字・赤新月社の徽章 ( きしょう ) を補う、レッドクリスタル ( 赤いひし形 ) の採択に貢献しましたが、ガザの現状を見ると、現実的な改善はなされていませんが。

カルミ・レ : ( この宗教的に中立な徽章の ) 採択によって、イスラエルとパレスチナの救助活動が、ほかの国の赤十字・赤新月社の活動と同じ形になったのです。 ( 赤十字・赤新月社に相当するダビデの星を使う ) イスラエルの救助団体マーゲン・ダビド公社とパレスチナ赤新月社が、お互いに協力しあう関係が出来上がりました。こうして、パレスチナの救急車が西エルサレムに赴くことができる、これは大きな進歩です。

スイスインフォ : あなたは外相として人道法を推し進めると同時に、国家の経済利益を守らなければなりませんが、相反するこれらの事柄をどのように融合させるのでしょうか。

カルミ・レ : 人権を尊重しない、または人道法に違反する政策を行えば、その国の経済を揺らがすことになる国情の不安定や紛争を招くことになると、誰もが知っています。

スイスインフォ : スイスの法人は、このメッセージを正しく理解しているのでしょうか。

カルミ・レ : 理解しているだけではなく、興味を示しています。法的な枠組みや政情の安定を求めるなら、人権問題に取り組まなければならないと。

スイスインフォ : バラク・オバマ米大統領はグアンタナモ収容所の閉鎖と拷問の執行は有罪であると宣言しました。しかし、矛盾しているのですが、この行為の責任者を裁判にかけることは放棄しました。この件に関するアメリカ大統領の行動をどうお考えでしょうか。

カルミ・レ : スイスはこの収容所の開設を絶えず非難してきました。したがって、閉鎖の決定は、称賛に値します。国際法を尊重しようとするアメリカの強い意志を感じました。アメリカは容疑者の追訴については決定していません。しかし一般的に、このような国際法の違反は入念な捜査の対象とされるべきであり、責任者は裁判の場でそれらの行為について答えるべきです。

スイスインフォ : オバマ大統領の政策は、「リアルポリティク ( 現実政策 ) 」 だとの印象をお持ちではないのでしょうか。

カルミ・レ : スイスは決してアメリカが理想主義的な外交へと向かっていると主張したことはありません。アメリカは、スイスを含む諸外国と同様、単に自国の利益を守っているだけなのです。

グアンタナモに関して言えば、スイスは釈放された収容者を1人か2人、受け入れることで、諸国の努力に参加できればと思っています。これらの収容者についての書類を検討する任務を負う、スイス連邦省間から成る調査機関がどういった結論を出すかによりますが。

スイスインフォ : 収容所開設の直接の責任者ではないほかの国々が、グアンタナモの収容者を受け入れなくてはならないことは、ショッキングなことだと思われませんか。

カルミ・レ : グアンタナモ収容所は悲しい現実です。従って、このような場所が消滅するために、国際世界が行動を起こすのが、論理にかなったことだと思います。

フェデリコ・ブラガニーニ、アンドレアス・カイザー、swissinfo.ch
( 仏語からの翻訳 魵澤利美 )

スイスと赤十字国際委員会 ( ICRC )

赤十字国際委員会は独立した民間の機関であるにもかかわらず、スイス政府と密接な関係がある。ジュネーブを拠点とする組織であり、国際的人道援助の分野ではスイスの主要なパートナー。
スイスはアメリカ、イギリスに次ぐ、第3の援助国である。2008年、スイス政府は1億100万フラン ( 約91億円 ) を拠出。その内訳は7000万フラン ( 約63億円 )がジュネーブ本部のため、3100万フラン ( 約27億円 ) が援助プログラムのためである。2009年は1億500万フラン ( 約94億円 ) の援助金を約束している。
連邦政府はそれに加え、赤十字国際委員会が監視する国際人道法の基盤であるジュネーブ条約の寄託国だ。
使命を受けた赤十字国際委員会の議会の委員 ( 組織の最高機関であり、15~25人から成る ) は、すべてスイス国籍を持つ。一方、職員の採用は国際的に実施される。赤十字国際委員会長は、 連邦外務省 (EDA/DFAE) の元連邦秘書であった 64歳のヤコブ・ケーレンバーガー氏。

インフォボックス終わり

2008年度の赤十字国際委員会の貢献

赤十字国際委員会は昨年、支出において新記録を更新した。多くの国々で悪化する人道的状況を改善するためには10億フラン ( 約900億円 ) 以上が必要である。
昨年、最も援助を要請した国は、スーダン ( 1億900万フラン : 約98億円 ) 、次いでソマリア ( 1億200万フラン : 約92億円 ) 、イラク ( 9500万フラン : 約85億円 )、アフガニスタン ( 7000万フラン : 約63億円 )、イスラエルとパレスチナ、と続く。
2007年の2倍となる12万1000トンの食糧が、2億7900万人に届けられた。水質浄化や水路の建設といった水のプロジェクトでは1500万人が恩恵に浴した。一方、保健衛生施設の設置により、350万人が治療を受けた。さらに、赤十字国際委員会は、83カ国の50万人の囚人と面会した。
赤十字国際委員会は世界中に1万1000人の職員を抱える。1323人を派遣し、ジュネーブの本部には816人働く。

インフォボックス終わり


リンク

×