Kathrin Ammann

関心テーマ:対外的に見たスイス、スイスの外交政策、外交術、開発協力。 イニシャル:ka

ジュネーブで国際関係学を学ぶ。通信社Keyston-SDAやドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)ニュース部門などで記者を務めた。

おすすめの記事

介入の手を伸ばす中国、スイスの村にも

このコンテンツは 2020/04/15 新型コロナウイルスと戦う欧州各国に中国から続々と支援物資が届いている。だが欧州では中国への警戒感も漂う。中国がコロナ危機を利用して欧州で影響力を高めようとしている疑念があるからだ。中国が明らかに介入してくるケースは多いが、あまり注目を浴びない。先月初めにもスイス・ヴォー州に中国が介入してきた。

おすすめの記事

これからのスイス外交政策 キーワードは「一貫性」

このコンテンツは 2019/12/09 イグナツィオ・カシス外相はスイスの外交政策の方向性を新たに定めるつもりだと、スイスメディアは報じている。その真偽を知っているのが、パスカル・ベリスヴィール連邦外務事務次官だ。「外交戦略2020~23」の作成を担う同氏は、ベルンにある自身のオフィスでswissinfo.chの取材に応じた。

おすすめの記事

スイスの災害救助犬、国外派遣は減少 協力体制構築に尽力

このコンテンツは 2019/09/10 長引く災害、膨れ上がるニーズ、より多くの支援団体による関与― 近年、人道支援をめぐる環境は劇的に変化した。スイスの人道支援はこのような変化に対応していかなければならない。人道支援のシンボル的存在、災害救助犬を訓練するボランティア組織の生存者探索部門長に話を聞いた。...

おすすめの記事

外交で優先すべきは人道か、経済か スイス主要5党に聞いた

このコンテンツは 2019/05/27 スイスは人道主義の伝統を重んじるが、経済的利益への関心も高い。そのため人道か経済のどちらを優先すべきかを巡り、価値の対立がたびたび起きている。この傾向は最近特に顕著だ。スイスが判断に迷った際、どちらを重視すべきかについて、主要政党5党に聞いた。

おすすめの記事

2019年のスイスを占う四つの問い

このコンテンツは 2019/01/03 スイスは国際社会で影響力を発揮する一方、世界経済や世界情勢、欧州連合(EU)からも強い影響を受けている。そんなスイスでは今年、連邦議会選挙が行われる。世界の流れに歩みを合わせるか、それとも今の状態を維持するか―。四つの問いを中心に、2019年のスイスを国際的な観点から予想する。

おすすめの記事

外交干渉、相次ぐ買収 中国との付き合い方を模索するスイス

このコンテンツは 2018/10/05 中国の台頭で世界各国に変化が起きている。それは小さな友好国スイスも例外ではない。中国から干渉されていると感じるスイスの政治家は多く、スイス企業は次々と中国資本に買収されている。スイス国内では連邦政府が妥協ばかりしているとの批判が高まっている。

おすすめの記事

スイスの中立「今や『守り』の姿勢は成り立たない」

このコンテンツは 2018/06/15 永世中立国、スイス。この国ほど国際的なつながりが強い国はあまりない。外交上のアイデンティティーとも言える中立政策においても積極的な「攻め」の姿勢が極めて重要だと、設立から50周年を迎えたスイス外交政策協会の新会長、クリスタ・マルクヴァルダー下院議員は語る。

おすすめの記事

「常に人に囲まれながらも孤独な存在」

このコンテンツは 2018/04/20 人知れず平和のために世界を飛び回る1人のスイス人がいる。交渉に明け暮れ、1カ所に長居することはない。必要とあれば極悪人を相手にすることもある。外務省の平和推進専門家ユリアン・ホッティンガー氏がスイスインフォのインタビューに応じ、「調停人」という孤独な職業について語った。

おすすめの記事

赤十字国際委員会、マウラー総裁に独占インタビュー

このコンテンツは 2017/12/11 ヨーロッパを目指す何千人もの移民・難民が地中海で遭難し、数万人がリビアで拘束され、イエメンやシリアでは内戦が激化し人道危機が深刻化。ミャンマーでは民族浄化が起きている。赤十字国際委員会(ICRC)は80以上の国の最前線で活動している。赤十字のペーター・マウラー総裁に今年一年の総括を聞いた。