ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスと日本をつなぐ 南海電鉄、スイスのMOB鉄道と姉妹提携

姉妹鉄道協定のヘッドマークをつけた南海電鉄の車両
(Nankai Electric Railway)

大阪から和歌山、高野山をつなぐ南海電気鉄道(本社・大阪市)とスイスのモントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道(MOB、本社モントルー)が姉妹鉄道協定を結んだ。

3大観光特急列車の一つ「ゴールデンパスライン」を運行するMOBは、最急勾配73パーミルの区間を走る山岳鉄道として知られる。南海電鉄も同じく最急勾配50パーミルの「こうや花鉄道」がある。また両社とも沿線上に世界遺産があるなど共通点が多いことから、姉妹鉄道協定の締結が実現した。

10月24日に大阪市内のホテルで行われた協定締結式には、両鉄道会社の社長、駐日スイス特命全権大使のジャン・フランソワ・パロ氏らが出席した。

南海電鉄は姉妹鉄道協定にあたり、スイスと日本の国旗、両社の社名をあしらった円盤状のヘッドマークを作製。来年1月末まで一部の路線区間で、このヘッドマークを付けた車両が走る(写真)。MOBも一部車両に同じヘッドマークを付けて走らせる予定。

日本では他にも、箱根登山鉄道(本社・神奈川県小田原市)がスイス東部を走るレーティッシュ鉄道と姉妹鉄道協定を結んでいる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×