Navigation

挙手で投票 アッペンツェルで「ランツゲマインデ」開催

29日に行われたランツゲマインデのようす Keystone

スイス北東部アッペンツェル・インナーローデン準州で29日、有権者が野外広場に集まり法律改正の是非や州議員の選出などを挙手で投票する「ランツゲマインデ(青空議会)」が開かれた。

このコンテンツは 2018/04/30 12:15
SRF/RTS/jc

ランツゲマインデは直接民主制の最も古いスタイルで、600年の伝統を持つ。スイスでは同州と東部のグラールス州のみ。年に1回、4月の最終日曜日に行われる。

29日はおよそ3000人の有権者が集まり、伝統的なパレードと議会を開催した。今年はイグナツィオ・カシス外相も名誉ゲストとして招待された。

今回の投票で、ルエディ・エベルレ氏(51)が国民党所属として初めて州政府の財務参事長官に選出された。また、病院の新設費4100万フラン(約45億円)を承認し、石油やガス採掘のための水圧破砕法の禁止を決めた。

また、今回の議会で初めて手話通訳が行われた。スイスろう連盟(Swiss Federation for the Deaf)によると、12人のろう者が議論および投票に参加した。

​​​​​​​

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。