スイスの視点を10言語で

スイスのお金持ち300人 コロナでさらに豊かに

Champagne being poured into a glass
パンデミックでも一部の富裕層にとっては祝い事だ Keystone / Martin Ruetschi

スイスの金融誌ビランツによると、スイスに住む最も裕福な300人の資産総額は8220億フラン(約101兆240億円)と、この1年間で1150億フラン増えた。

増加幅は同誌が長者番付300人外部リンクの集計を始めた1989年以来最高となった。新型コロナウイルス禍でロックダウン(都市封鎖)や貿易停滞が混乱するなか、株式・金融市場が全般的に好調だったことが背景にある。一方でコロナで失業や収入減に苦しむ人も増えており、社会格差の拡大を象徴する集計結果となった。

今年の長者番付の中で最も資産を大きく増やしたのは、スイス運輸企業キューネ・ナーゲル外部リンク社の大株主、クラウス・ミヒャエル・キューネ氏。同社株の上昇で個人資産が170億フランから295億フランに激増した。

資産額1位はスウェーデンの家具大手イケア創業者一族カンプラード家の555億フラン。20年来トップの座に君臨し続けている。創業者のインブヴァル・カンプラード氏は2018年に死去したが、跡を継いだ3人の息子はスイス国籍保持者だ。2位はスイス製薬企業のロシュのオーナー一族であるホフマン、オエリ、ドゥシュマレ家の345億フランだった。

一方、資産額を大きく減らしたのはインターネット起業家のパトリック・ドラヒ氏。保有していた米IT株が大幅下落し、1年間で10億フランを失った。ただ全体的には資産を減らした人より増やした人の方がはるかに多かった。

ビットコイン・スイス外部リンクのニクラス・ニコライセン創業者兼会長は、暗号通貨で財を成した「億り人」として初めてトップ300人入りした。資産は約3億2500万フランと推定されるが、匿名で保有されているはずの同氏の暗号通貨価値をどのように計算したのかは、ビランツ誌は明らかにしていない。

おすすめの記事

おすすめの記事

金持ちはどうやって億万長者になるのか?

このコンテンツが公開されたのは、 スイス経済誌「ビランツ」は1989年に初めてスイスの長者番付を発表した。その年の上位100人の資産額合計は660億フランで、今年の上位2人の資産額合計よりも少ない。1位はスウェーデンの家具大手イケアを経営するカンプラード…

もっと読む 金持ちはどうやって億万長者になるのか?

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部