Navigation

クレディ・スイスCEOが辞任 内偵スキャンダルで

辞任が決まったティージャン・ティアム氏 © Keystone / Ennio Leanza

内偵スキャンダルに揺れる金融大手クレディ・スイス(CS)は7日、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)の辞任を発表した。

このコンテンツは 2020/02/07 08:44
swissinfo.ch/mga

大半のメディアがウルス・ローナー会長の退任を予測していたため、CEOの突然の辞任に驚きが広がっている。

CSによると、辞任は14日付。後任はCSスイス法人のトマス・ゴットシュタインCEOという。

ティアム氏の辞任は、留任を求めていた大株主には好ましくないニュースかもしれない。メディア報道ではこれまで数週間、ティアムCEOとローナー会長が覇権争いの渦中にいたという。

CSは昨年、ウェルスマネジメント部門の元責任者の社員(UBSへ転職)や元人事部長を秘密裏に内偵していたスキャンダルが発覚。ティアムCEOかローナー会長の引責辞任は不可避で、その中でもローナー氏が有力との見方が強まっていた。

ローナー会長は声明で、ティアム氏をファーストネームで呼び「ティージャンは2015年の入社以来、それ以来CSに多大な貢献をしてきた。CSの体制が盤石で、再び利益を上げられるようになったのも、ひとえに彼の功績だ。取締役会と私は、ティージャンの今後の活躍を切に願う」とコメントした。

ティアム氏は「着実にビジネスを推進している(CSの)同僚たちを、私はこれからも応援していく。私の仕事をサポートしてくれたCSのすべての人たちに心からの謝意を示したい」とコメントした。

ティアム氏は「2人の内偵に関しては知らなかった。だがこれがクレディ・スイスを混乱させ、そして周囲を不安にさせ、傷つけた。それは疑いようがない。そういう事態が起こったことは悔やまれる。決して起こってはいけなかった」と述べた。

CS取締役会は、ローナー氏は2021年4月までの任期終了まで続投すると発表した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。