Navigation

死亡事故起こした旧軍用機Ju52 飛行免許取り消し

商用飛行免許取り消しを受け、Ju52が再び空を飛ぶ日は当面見送りとなった Keystone

スイス東部で昨年、旧軍用機Ju52が遊覧飛行中に墜落し20人全員が死亡した事故で、スイス連邦運輸省民間航空局他のサイトへは12日、運航会社JUエアー他のサイトへ(本社チューリヒ州デューベンドルフ)の商用飛行免許を取り消した。一部のプライベート飛行は可能という。

このコンテンツは 2019/03/15 08:00
Keystone-SDA/jdp

事故は昨年8月4日、79年前に製造されたJu52がスイス南東部グラウビュンデン州の山岳地帯に墜落、操縦士、乗務員と乗客20人全員が死亡した。連邦民間航空局は、同型のヴィンテージ飛行機運航による乗客のリスクを再調査し、商用飛行を継続することは「今日の安全基準を満たさない」と判断した。

>>「Juおばさん」と呼ばれたプロペラ機

同決定は、スイス安全調査サービス(SESE)の事故調査結果を受けたもの。欧州の他の地域でも規則が今年、厳格化される予定。

連邦運輸省民間航空局は昨年11月、JUエアーの2機のJu52について運航を一時停止すると発表。8月の事故で墜落した機体に構造的な欠陥が見つかったためとしていた。

しかし今年1月、JUエアーのクルト・ヴァルトマイヤー最高経営責任者(CEO)は独語圏の日曜紙ゾンタ―クス・ツァイトゥングのインタビューで、数カ月内に同型機の運航を再開すると発言。これに対しスイス連邦運輸省民間航空局は同記事の中で、対象となる3機すべてについて国の安全基準を満たしていることを証明できなければ停止措置は解かないと述べていた。

12日の決定を受け、Ju52が再び空を飛ぶ日は当面見送られることになった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。