ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

低気圧「エゴン」 今度はスイスで最大瞬間風速117キロメートルの突風

最大瞬間風速100キロメートルの突風を伴う嵐が12日の夜、スイスを襲った。気象台によると、ドイツ中心部を「エゴン」と呼ばれる低気圧が通過したことが原因。

そのため平地でも雪が降り、スイスの首都ベルンは一面真っ白に。また、ヌーシャテル州では、最大瞬間風速117キロメートルの突風を記録した。しかし、スイス全域での被害はわずかで、一部の交通機関が麻痺しただけにとどまった。

週末は北極から冷たい空気が流れ込むせいで、気温は氷点下が続き、アルプス地方では、雪が15~40センチ積もる見込みだ。

最大瞬間風速100キロメートルの突風を伴う嵐が12日の夜、スイスを襲った。気象台によると、ドイツ中心部を「エゴン」と呼ばれる低気圧が通過したことが原因。

そのため平地でも雪が降り、スイスの首都ベルンは一面真っ白に。また、ヌーシャテル州では、最大瞬間風速117キロメートルの突風を記録した。しかし、スイス全域での被害はわずかで、一部の交通機関が麻痺しただけにとどまった。

週末は北極から冷たい空気が流れ込むせいで、気温は氷点下が続き、アルプス地方では、雪が15~40センチ積もる見込みだ。

(swissinfo.ch)


×