Navigation

原油流出事故の掘削施設会社 純利益減少

およそ3カ月前に、アメリカ史上最大の原油流出事故が発生。BPは8月5日、油井封鎖に成功し、流出の完全封鎖に一歩近づいたと発表した Keystone

メキシコ湾岸の原油流出事故で、イギリスの国際石油資本BPの油田掘削施設建設を請け負ったスイス企業「トランスオーシャン 」の第2四半期の純利益が、前年同期比で11.3%減少したと8月4日発表された。

このコンテンツは 2010/08/06 11:13

しかしスイス株式市場では、8月5日の同社の株価は上昇。油井を上部から封鎖し原油流出の食い止めに成功したことが、この株価上昇を促したと見られている。

純利益、総売上高共に減少

スイスのツーク州に本社を置き、米テキサスにオペレーション支社を持つ「トランスオーシャン ( Transocean ) 」の第2四半期の純利益は、7億1500万ドル( 約615億円 ) で、前年同期比で11.3% 減少。また、第2四半期の総売上高も250万ドル ( 約2億1500万円 )で、前年同期比で13.1% 減少した。

しかし同社の発表によれば、保険会社が賠償した保険総額2億6700万ドル( 約230億円 ) のお陰で、メキシコ湾岸の原油流出事故での損害は賄われたという。

さらに、8月5日のスイス株式市場では、原油流出の食い止めに成功したニュースで株価は上昇傾向を見せている。

BPの油田掘削施設建設を請け負ったトランスオーシャンは、油井の入り口の安全弁の管理に責任を負っていた。現在、アメリカ政府による事故原因調査が進行中だが、同社は「原油流出の原因は自社の責任ではない」と主張している。

今回の原油流出は、アメリカの歴史で最大規模の事故となり、総量7億8000万リットルの原油が流出した。

外電、swissinfo.ch

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。