Navigation

ジュネーブ・フェスティバルが今年は中止 花火は開催

ジュネーブ・フェスティバルの花火 Keystone

ジュネーブ観光局は14日、毎年恒例の夏の祭典「ジュネーブ・フェスティバル(Fêtes de Genève)他のサイトへ」について、今年は開催を見合わせると発表した。昨年の赤字による資金不足が原因。メインイベントの花火大会は開催し、レマン湖畔に大観覧車も設置する。

このコンテンツは 2018/02/16 08:57
ATS/jc

同局は声明で、フェスティバル中止について地元自治体と合意したと述べた。花火大会の実施は確定したが、規模や期間はスポンサーや市民らの募金額次第だという。大観覧車は3カ月間設置する。

ジュネーブ市の有権者は来月4日の住民投票で、フェスティバルのあり方について投票する。例年約10日間にわたって行われる祭りを7日以内におさめる案、あるいは土日を2回はさんだ11日間にする案などが問われる。

ジュネーブ・フェスティバルの公式サイトによると、この祭りはスイス最大規模のイベントで、期間中は100軒以上の飲食店が出店するほか、200のコンサートやダンスイベントが繰り広げられる。昨年のジュネーブ・フェスティバルは8月3~13日まで行われた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。