Navigation

高野山列車がスイスのゴールデンパスラインを走る 南海電鉄とMOBが協力

ゴールデンパスラインを走るラッピング列車 Maillard-MOB2018

スイスの3大観光特急列車「ゴールデンパス」のモントルー~ツヴァイジンメン駅間を、日本の高野山のラッピング列車が走っている。

このコンテンツは 2018/08/10 09:43
ku

大阪から和歌山、高野山をつなぐ南海電気鉄道(本社・大阪市)と、ゴールデンパスラインのモントルー~ツヴァイジンメン間を運行するスイスのモントルー・オーベルラン・ベルノワ鉄道(MOB、本社モントルー)が昨年10月に姉妹鉄道協定を結び、相互にPR活動を行っている。今回のラッピング列車はまもなく協定締結1周年を迎えるのを機に登場した。

ラッピング列車は、桜と世界遺産・高野山に立つ仏塔「根本大塔(こんぽんだいとう)」のモチーフをあしらったデザイン。7月から運行しており、当分の間走らせるという。

またモントルー駅には姉妹鉄道協定をPRする看板が登場。南海電鉄の遠北光彦社長が8日、同駅で開かれた記念イベントに出席し「これを機に多くの人に高野山に来てもらいたい」とアピールした。

ラッピング列車がゴールデンパスラインを走る様子はフランス語圏のスイス公共放送(RTS)でも紹介された。

外部リンクへ移動

南海電鉄の高野山駅でもMOBに関する展示コーナーを設けている。

日本では他にも、箱根登山鉄道(本社・神奈川県小田原市)がスイス東部を走るレーティッシュ鉄道と姉妹鉄道協定を結んでいる。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。