スイスの自殺ほう助機関エグジット、過去最高の会員登録数

スイスでは自殺ほう助が合法化されている Keystone

スイスの自殺ほう助機関「エグジット(Exit)」は13日、新たに1万0078人が昨年、会員登録し、全体の会員数としては過去最大を記録したと発表した。

このコンテンツは 2018/02/15 08:27
SDA-ATS/swissinfo.ch/ln

昨年12月末時点の国内ドイツ語圏、およびイタリア語圏の会員数は11万391人。同機関の自殺ほう助のサービスを利用して死を選んだのは734人で、前年の723人から微増した。エグジットのサービスを受けるためには会員になる必要がある。

自殺ほう助の問い合わせは約3500件で、14年に比べ1千件以上増加。エグジットはこのうち1031件を受理。16年は991件だった。

​​​​​​​

一般的に自殺を図るのは男性が多いが、エグジットの利用者は女性が6割だ。

高齢化社会の進行

自殺ほう助件数の多さには会員数の増加だけでなく、高齢化社会の影響もある。昨年、エグジットのサービスを利用した人の平均年齢は78.1歳で、16年の76.7歳から上昇した。

理由で目立ったのは末期がん、加齢による多発性疾患、慢性疼痛(とうつう)だった。

地域別ではチューリヒエリアが最多で、ベルン州、アールガウ州、ザンクト・ガレン州、バーゼル・シュタット準州、バーゼル・ラント準州と続いた。

同機関は緩和医療の普及が進む一方で、安楽死の需要も依然としてあると指摘する。

ただ、自殺ほう助を選択する人はまれで、国内の年間死亡者6万6千人のうちわずか1.5%だという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する