Navigation

ジュネーブ空港、大雪で一時閉鎖


ジュネーブ空港でチェックインを待つ乗客(昨年12月に撮影) © KEYSTONE / SALVATORE DI NOLFI

ジュネーブ空港が大雪の影響で一時閉鎖状態になっている。

このコンテンツは 2018/03/01 09:25
SDA-ATS/db/sm

同空港は、ツイッターで乗客に空港に来ないよう呼びかけている。またフライトについては航空会社に問い合わせてほしいとしている。

ジュネーブ空港のツイッターによると、11時に離陸開始の見込み。


外部リンクへ移動


チューリヒ空港では若干の遅れがでたものの、大きな影響は出ていない。

前日夜の降雪で、国内の高速・一般道には大雪が積もった。ベルン、トゥーン周辺、およびチューリヒ~ザンクト・ガレン間の高速道路では交通事故が発生したとの情報も入っている。

公共交通機関にも遅れが出ている。ベルン市内の歩道では1日早朝、すね下の高さまでつもった雪をかきわけながら通勤する人たちの姿がみられた。

大雪によるダイヤの乱れが出たベルンのトラム swissinfo.ch / Susan Misicka

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。