墜落事故の旧軍用機Ju52、来週にも同機種の飛行再開へ

4日に発生したJu52の墜落事故で20人全員が死亡した Keystone

スイス東部のスイスアルプスで4日、戦前に作られたヴィンテージ飛行機Ju52が墜落し20人が死亡した事故で、運行会社のJUエアー(本社・チューリヒ州デューベンドルフ)は、17日にも同機種の飛行を再開すると発表した。

このコンテンツは 2018/08/08 09:59
swissinfo.ch/ds

同社の広報担当クリスティアン・ガルトマン氏は、スイス公共ラジオ(SRF)に「17日には飛行を再開する予定だ」と述べた。

JUエアーは旧軍用機を使用した遊覧飛行を専門とする会社で、事故を起こしたJu52はドイツのユンカース製のプロペラ機。4日の墜落事故では乗客17人、操縦士ら3人が死亡した。これを受けJUエアーは、事故の詳細が判明するまですべての運行を自粛すると当初発表していた。スイス交通安全調査委員会が現在、事故原因を調べている。

ガルトマン氏は「飛行の安全性に疑問が生じない限り、運行を再開する」と述べた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する