クレディ・スイス、外国為替取引の不正行為で罰金150億円

Keystone

米ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は13日、銀行大手クレディ・スイスが外国為替取引で不正行為を働いていたとして、同銀行がDFSとの同意審決に基づき、罰金1億3500万ドル(約151億2千万円)を支払うことで合意したと発表した。

このコンテンツは 2017/11/17 06:00

クレディ・スイスは同日付の声明でこの件を認め、罰金を至急支払うと述べた。

DFSが2008~15年における銀行間の通貨取引を調査する中で、今回の行為が発覚。DFSによると、クレディ・スイスの外国為替トレーダーは、他行のトレーダーがいるチャットルームに参加。顧客の個人情報を共有し、為替レートを不正に操作しようとするなどの不正行為を働いていた。

DFSは、クレディ・スイスのトレーダーは顧客を欺いたと指摘。少なくとも08~15年に同行で行われていた行為は「違法で危険、そして不安定」だったと糾弾した。

クレディ・スイスは声明で、両者が合意に至ったことについて満足していると述べた。罰金を支払い、監督機関の指導の下、チェック体制を強化するという。

米司法省は08年の金融危機後、クレディ・スイスの複数の不正行為に対する捜査を開始。クレディ・スイスは14年5月にも、米司法省などに脱税ほう助の罪を認め、総額28億1500万ドルの罰金を払うと発表した。エリック・ホルダー米司法長官(当時)は記者会見で「クレディ・スイスは米国人顧客に対し、無申告の口座に収入や財産を隠し、脱税するよう促した」と述べた。

スイスの銀行大手UBSも米国の納税者が脱税目的の秘密口座を開設するのを手助けしたとして米政府から提訴され、2009年に7億8千万ドルの罰金を支払っている。

(英語からの翻訳編集・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する