ジュネーブで若いヨーロッパヌマガメが見つかる

Getty Images/Pablo Blazquez Dominguez
このコンテンツは 2017/11/08 13:34

スイスのジュネーブ州で、3匹の若いヨーロッパヌマガメが見つかった。野生の環境で孵化したカメが見つかったのは最近では極めてまれなケース。2010年に放野されたカメの子供とみられる。

スイスの動物雑誌「Tierwelt(動物の世界)」が報じた。同誌によると、この小さいカメは今夏、ジュネーブ州にあるジュシーの林で見つかった。スイス爬虫(はちゅう)類・両生類保護センター爬虫類部門のアンドレアス・メイヤーさんによると、おそらく昨年秋に孵化したものとみられる。

ヨーロッパヌマガメは唯一のスイス原産のカメでは希少種指定。いわゆる絶滅のおそれがある野生動物として国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに入っている。ヨーロッパヌマガメ属に分類され、スイスのアルプス北部が起源とされる。

繁殖に向けて

ヨーロッパヌマガメの放野プロジェクトは、ここ数年間国内で盛んだ。2010年と11年にジュネーブ州のジュシーの林で、13年と15年にはヌーシャテル州でそれぞれ放流された。ティチーノ州でも同様の計画があるが、実施に至っていない。

メイヤーさんは、このヨーロッパヌマガメの放野は、自然保護の観点からも道理にかなっていると話す。自然環境がこのカメの生態に最も適しているからだ。メイヤーさんは「おそらく数も自然に増えるだろう」と予測している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する