クレディ・スイス、年内に300人を削減

チューリヒ・パラーデプラッツに本店を置くクレディ・スイスでは、大規模なリストラ計画が最終年を迎えた Keystone/Gaetan Bally

金融大手クレディ・スイスは2018年中にスイスの国内事業担当300人を削減する方針だ。

このコンテンツは 2018/01/17 16:30

同行スイス部門の最高経営責任者(CEO)のトマス・ゴットシュタイン氏が17日付の経済紙フィナンツ・ウント・ヴィアトシャフトのインタビューで明かした。

同行は欧州金融危機後をきっかけにした経営悪化や規制強化に伴う経費増長を背景に、2015年10月、16~18年の3年間で1600人の人員削減計画をまとめた。クレディ・スイスは国内に1万7千人の従業員を抱え、ゴットシュタイン氏の担当する国内事業では1万人が働く。同氏によると、昨年秋までに人員削減の3分の2を完了しており、残り300人を18年内に削減する。

経費削減も強化する。昨年は18年1月から施行された第2次金融商品市場指令(MiFID2)を始めとした新しい規制に対応するため多額を投資した。今年は外部の顧問や下請け業者への経費を切り詰める。

ゴットシュタイン氏は国内にある支店を約150店から135店に減らしたと強調。今後も顧客のニーズに沿った数に調整する。だが人件費削減の効果が出るには時間がかかるという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する