Navigation

中国化工集団が買収したシンジェンタに抗議

26日、バーゼルを拠点とする農薬大手シンジェンタの株主総会の外で、抗議をするグリンピース・バーゼルとマルチウォッチ・バーゼルの活動家。昨年、中国化工集団ケムチャイナによるシンジェンタの430億ドル(約4兆9450億円)の取引が発表された際にも、買収を抗議していた。スイスの多国籍企業の人権侵害を訴えるマルチウォッチによると、「シンジェンタの農薬は、多数の健康被害と深刻な環境被害に繋がる」という。 Keystone



このコンテンツは 2017/06/27 15:00
swissinfo.ch, swissinfo.ch/ts



このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。