スイスの視点を10言語で

マレーシアの巨額汚職事件、スイスの行員も罰金

ナジブ首相
マレーシアのナジブ前首相(中央) Keystone / Fazry Ismail

マレーシア政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)をめぐる汚職・資金洗浄疑惑事件で、チューリヒ市内にあるプライベートバンク・クーツの元行員2人が事件に関連すると疑われる取引について、当局への報告義務を怠ったとして罰金処分を受けた。

スイスのドイツ語圏の日曜紙ゾンタークス・ツァイトゥング外部リンクとフランス語圏の日曜紙ル・マタン・ディマンシュがそれぞれ報じた。2人の行員は、事件の主犯格とされるマレーシアの投資家ジョー・ロー被告(28)の取引を担当していたという。スイス連邦財務省から9月に罰金処分を受けた。

1人はリスク管理担当者で、過失行為に対し1万3千フラン(約140万円)の罰金処分を受けた。もう1人はアンチマネーロンダリングの責任者で、罰金処分に異議を申し立てたという。2人はすでにクーツを退職。同行は2015年3月に英銀大手RBS外部リンクからプライベートバンクのUBP外部リンクに売却された。

1MDBの汚職事件は、米国、スイス、シンガポールなど6カ国以上の捜査当局が調べている。

米国当局は、1MDBから流出した資金は約45億ドルに上るとみている。1MDBは2009年、マレーシアのナジブ首相(当時)が設立。同首相は現在、この事件をめぐる3回目の公判に出廷している。

スイスとの関連

報道によると、数十億ドル相当の資金がチューリヒ、ルガノ、ジュネーブを経由した。記事では連邦財務省の計50ページの刑罰令を引用し、2009年にジョー・ロー被告がクーツ銀行に口座を開設、1MDBから数百万ドルを送金したと報じた。

米国とマレーシアの捜査機関はいずれもロー被告を主犯格とみて調べているが、自身は容疑を否定。米司法省は先月、1MDBから流出した10億ドルの資金を回収するため、被告と和解したと報じられている。ただ刑事上の責任や今後の起訴の可能性が免除されるわけではないという。

報道では、スイス連邦検察庁はこの事件に関し関係者6人、プライベートバンクのファルコンバンク、BSIの刑事訴追を進めている。スイス連邦金融市場監督局外部リンク(FINMA)はBSI、ファルコン、クーツ、ロスチャイルド、JPモルガンの各銀行でマネーロンダリング規則の重大な違反行為を特定したほか、UBSとクレディ・スイスについても告訴したという。

FINMAは2017年、1MDBに絡み、クーツがマネーロンダリング規制に違反したとして制裁処分を出し、同行に650万フランの「違法に生み出された利益を処分する」よう命じた。

ファルコンバンクは、2016年にFINMAから「違法に生み出された利益」として250万フランを差し押さえられた処分に対し異議を申し立てたが、スイス連邦最高裁判所は今年4月、銀行側の訴えを却下した。 BSIもFINMAから制裁を受け、2016年にはEFGバンキンググループを売却した。

ニュース

眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部