Navigation

改革約束したFIFAのインファンティーノ会長、2期目に意欲

ジャンニ・インファンティーノ会長 Keystone

来年任期満了を迎える国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が13日、モスクワで開かれたFIFAの会合で「来年パリで行われる会長選に立候補する」と表明、再選に意欲を示した。

このコンテンツは 2018/06/14 11:35
swissinfo.ch/mga

同会長はスイス・ヴァレー(ヴァリス)州出身。欧州サッカー連盟(UEFA)事務局長だった2016年2月、FIFAの汚職問題により辞任した同州出身のゼップ・ブラッター氏の後任として選出された。会長選ではFIFAに巣食う腐敗に終止符を打ち、組織改革を断行すると訴え支持を集めた。UEFAのミシェル・プラティニ前会長も立候補したが、金銭授受疑惑を理由に活動停止処分を受けたため、会長選から外れた。

>>プラティニ氏「疑いは晴れた」と発言


インファンティーノ氏はモスクワでの会合で「私たちにはサッカーに対するビジョンがある。FIFAを変える。FIFAを新しい時代に連れて行く」と語った。

会長選は来年6月5日、パリで行われる。会長の任期は4年で、三選まで認められている。

インファンティーノ氏は就任に当たり、ブラッター氏の約半額となる年俸150万フラン(約1億6500万円)、さらに毎月2千フランの経費を受け取る雇用契約で最終的に合意した。その後、インファンティーノ氏が経費の不正受給を働いているという内部告発が出されたが、FIFAは2016年、調査の結果、不正はなかったと結論付けた。

昨年5月には、FIFAの汚職を調査していた独立機関、FIFA倫理委員会の幹部、ハンス・ヨアヒム・イカート氏とコーネル・ボルベリー氏が交代。これに対し、ガバナンスの専門家でバーゼル大のマルク・ピース教授他のサイトへ(刑法)は、インファンティーノ氏が倫理委員会の役員を自由に雇用・解雇できるよう、外部の力を使って組織を不正運用したと批判。「インファンティーノ氏はFIFAを『中世』に引き戻している」と訴えた。

関係国の捜査機関が現在、FIFAの汚職問題を捜査している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。