ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

EFTA、ラテンアメリカと協力宣言に調印

欧州自由貿易連合(EFTA)は12日、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイで構成するMercosur経済機構と協力宣言に調印した。また、ユーゴスラビアとの協力宣言にも調印した。(写真:ユーゴスラビアとの協力宣言に調印するクシュパン経済相(右))

欧州自由貿易連合(EFTA)は12日、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイで構成するMercosur経済機構と協力宣言に調印した。また、ユーゴスラビアとの協力宣言にも調印した。(写真:ユーゴスラビアとの協力宣言に調印するクシュパン経済相(右))

スイス、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーで構成する欧州自由貿易連合(EFTA)は、ジュネーブでMercosur経済グループとの協力宣言に調印した。EFTAは、欧州以外の16ヶ国と自由貿易協定を結んでおり、現在チリ、カナダなど7ヶ国と交渉中だ。また、南アフリカ、シンガポールなどアジア諸国との自由貿易交渉も相互に検討中で、パスカル・クシュパン経済相は2月8日から13日までシンガポールを公式訪問する予定だ。

一方、連邦経済省は、同日調印したユーゴスラビアとの協力宣言は、ユーゴの新政権への政治的意思表示だと述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×