ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

EUからの肉製品禁輸決定

焼却処分される口蹄疫感染の家畜。3月24日英国で。

(Keystone Archive)

スイス政府は今月13日口蹄疫予防措置としてEUからの偶蹄動物(二つにひづめが割れている動物)の輸入を禁止したが、28日肉製品も禁輸を決定した。また、乳製品、干し草、ワラ、肥料の輸入は、口蹄疫の発垂オていない地域からに限って連邦獣医畜産局の管理下で行うことに決まった。

現在、空の動物輸送車の国境通過は、運転手が最後の家畜輸送後車輌を洗浄したという公式証明書を提出した場合のみ許可されている。28日ベルンで記者会見を行った獣医畜産局職員らは、口蹄疫予防の唯一の手段は国内へのウィルス侵入を阻止することだが、EU全域の家畜輸送を監視することは困難なためさらに感染が広まる危険性が高いと述べた。そして、家畜・肉および乳製品の自由貿易は家畜の健康管理が保証されてこそ可能だが、EUはこの観点から自由貿易制度を再検討する必要があると語った。


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

Teaser Prix De Lausanne

prix de lausanne

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×