Navigation

IMFレポート、 スイス経済を楽観視

IMFの透明性を改善する新方針のもと、スイス経済に関する年次報告書が始めて出版された。

このコンテンツは 2000/03/04 14:57

IMFの透明性を改善する新方針のもと、スイス経済に関する年次報告書が始めて出版された。

報告書は、スイス経済の見通しは良好で、1999年のGDPは1.5%増、 2000年、2001年は約2%増が期待されるとし、輸出の急速な伸びと、個人消費の増大をベースとした高成長を予測した。また、原油価格の上昇とスイスフラン安によるインフレの懸念も増加しているとした。

また、IMFは、支出増加、失業率減少、長期にわたった不況の後の低いインフレ等スイスの適格なマクロ経済政策を評価した。そして将来の主な目標は、インフレのない経済回復と国の長期的展望を強化するための構造改革だと、述べている。

IMF レポートは、www.imf.org に掲載。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。