Navigation

ランビエールの踊りとブニアティシヴィリのピアノ、コラボで燃焼

このコンテンツは 2016/05/13 16:39

アイスレジェンドで、一緒に創作作品「ポエム」の構想を練ってきたステファン・ランビエールとカティア・ブニアティシヴィリ。第3部では、愛に対する苦悩で自己破壊に向かうランビエールの荒々しい表現に応えて、ブニアティシヴィリのラヴェル弾く「ワルツ」の音がとどろいた。(撮影&製作SRG SSR, RTS 編集・スイスインフォ)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。