Navigation

日本xスイスでオシゴト交換 日本チーム、スイスドイツ語を使い1人で接客

世界有数の観光地として有名なルツェルンのカフェ「ハイニ」の従業員2人と、東京の日本橋にある京菓子の老舗「鶴屋吉信(つるやよしのぶ)TOKYO MISE」で働く2人が1週間、職場を交換する。

このコンテンツは 2018/09/23 08:30

スイスで日本チームが最終日を迎えた。日本チームの2人は、これまでに習ったスイスドイツ語を使って、完全に1人で接客をすることができるのか。「本当に1人にされるの?」と最初は戸惑い気味だった2人だが…。

次回の配信は2018年9月30日。 

(独語からの字幕翻訳・フュレマン直美 文・大野瑠衣子)

シリーズ「職場交換」:スイス公共放送(SRF)他のサイトへで昨年、スイスと外国の職場を交換するリアリティ番組「Jobtausch(職場交換)他のサイトへ」の日本編が2話、放送された。番組では2人1組となったスイスと日本のチームが職場を交換。職業は同じだが、文化や言葉はもちろん、仕事内容や職場のルールが全く異なる職場で、交換先の上司に「一人前」と認めてもらうために奮闘する。スイスインフォでは日本編の全2話を20回(1回につき約3~5分)に分け、字幕付きで2018年8月5日から毎週日曜日にオンライン配信する。

End of insertion

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

並べ替える

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?

サブスクリプションを登録できませんでした。 再試行する。
仮登録をしました。 次に、メールアドレスの認証手続きを行ってください。 ご入力いただいたメールアドレスに自動配信メールを送信しました。自動配信メールに記載されているリンクをクリックして、ニュースレター配信手続きを完了させてください。

注目の記事を毎週、無料でお届け

ご登録いただいた方には、swissinfo.chのトップ記事をメールでお届けいたします。

SRG SSRのプライバシーポリシーでは、データ処理に関する追加情報を提供しています。