ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの伝統「アルプアウフツーク」 牛の行列、カウベル響かせ夏の牧草地めざし山登り

ベルン州の自治体アデルボーデンにある高原他のサイトへへ続く道は長く、急で狭い。500頭の牛と牛飼い達がカウベルを響かせながら慎重に歩みを進める。急な岩場と小道を600メートル登らなければならないため、出発は夜明けだ。彼らは山上の放牧地で10~12週間過ごした後、また谷へと下りていく。

(文・Christoph Balsiger 翻訳・説田英香)