新型コロナが変えた家族との距離

新型コロナウイルスの感染拡大で、スイス南部のティチーノ州では現在、65歳以上の外出が禁じられている。そんな中でも、ビデオ通話でコミュニケーションをしたり、窓越しに絵本を読み聞かせたり、小さな子供が庭で踊ったりする姿を見るのは心が安らぐ瞬間だ。1日も早い事態の終息を願いながら日常生活を過ごす4世代家族に話を聞いた。

このコンテンツは 2020/03/25 10:00

※この映像はティチーノ州で65歳以上の高齢者の(買い物を含む)外出が禁じられる前に撮影されました。

End of insertion
外部リンクへ移動

ティチーノ州に住むこの4世代家族は、日常的に世代間の交流がある家族だ。ところが新型コロナウイルスの感染が拡大し、連邦保険庁は、重症化のリスクが高い高齢者との接触を自粛するよう、若い世代に求めている。

スイスでは2月25日にティチーノ州で最初の感染者が確認されてから、急速に国内感染が広まった。連邦政府は全国民に対し、テレワークができない従業員の通勤や医者の受診、スーパーや薬局での買い物以外の、不要不急の外出を自粛するよう求めている。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する