ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

モハメド・アリ ボクシングの「王者」がスイスに来たとき

ボクシングの元ヘビー級王者のモハメド・アリさんが米フェニックスの病院で亡くなった。享年74歳。アリさんは1984年からパーキンソン病を患っていた。

アリさんがチューリヒでドイツ人ボクサーのユルゲン・ブリンを負かしたのは1971年。当時、写真家エリック・バックマンさんは試合に備える世界的スターの数日間を追い、カメラに収めた。その写真からは、スポーツマンとしてだけではないアリさんの人柄を垣間見ることができる。

1971年12月26日、チューリヒの屋内競技場ハレンシュタディオンでアリさんはほとんど無名のボクサーと対戦した。もちろんそれは、後の伝説的な「スリラー・イン・マニラ」や「キンシャサの奇跡」といった歴史に残るような試合ではなかった。

旧名カシアス・クレイから改名したアリさんは、マニラ、キンシャサの試合でジョー・フレジャー、ジョージ・フォアマンを打ち負かし、ボクシング界のみならずスポーツ界でその名を揺るぎのないものにした。

数々の試合で多くの人を熱狂させ、魅了したリング上のその姿とは裏腹に、バックマンさんの白黒写真には、チャンピオンが残雪の森をランニングする様子や、ラングシュトラッセの靴屋で「スイス製」の頑丈な靴を買い、また公開トレーニングで汗を流す姿が写されている。当時の雰囲気も十分にかもし出すバックマンさんの作品を収めた写真集「モハメド・アリ、チューリヒ、1971年12月26日」は今年、パトリック・フレイ社から出版された。

(写真・Eric Bachmann、文・Renat Kuenzi 、swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。