Navigation

世界一のレストランを切り盛りするスイス人シェフ、ダニエル・フムさん

2017年の「世界のレストラン・ベスト50他のサイトへ」1位に輝いた米ニューヨークの「イレブン・マディソン・パーク」。このレストランの共同オーナーでシェフを務めるダニエル・フムさんはスイス出身。14歳で料理の道へ進み、現在は米国で暮らす。

このコンテンツは 2018/01/23 06:00
Claudio Moschin

​​​​​​​

同ランキングは、レストランの格付けでは「ミシュランガイド」と同じくらい注目度の高いもの。1位に選んだ理由として「アイコニックな空間の中で、類まれなるホスピタリティーとこの上なく優れた料理がパーフェクトな関係を築いている」と絶賛した。

フムさんは1976年、スイス・アールガウ州で生まれた。チューリヒの大型ホテルで職業訓練を受けた後、フランス語圏のヴォー州モントルー近郊にある三ツ星レストラン「ル・ポン・デ・ブロン(Le Pont de Brent)」で腕を磨いた。

フムさんは若干24歳にして初めてミシュランの星を獲得。当時、アッペンツェル・アウサーローデン準州のレストラン「ガストハウス・ツム・グプフ(Gasthaus zum Gupf)」のシェフを務めていた。2003年に米カリフォルニア州サンフランシスコに渡り、その料理で数々の賞を受賞。06年、イレブン・マディソン・パークのシェフになった。5年後、同レストランは3度目のミシュランを獲得。そして昨年、世界一の栄光を手にした。

(英語からの翻訳・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。