マットマークの惨事 ショックにうなだれる目撃者

マットマークの惨事が起こったのは、ダムの建設が最終段階に入ったときだった。建設には750人の作業員が携わっていた。ある日、建設現場付近で起きた地滑りで、多くの作業員が巨大な氷と岩の流れに巻き込まれた。生存者の可能性はほとんどなかった。この災害で、多くの人が父や兄弟、息子を失った。(RSI/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2015/08/28 11:00

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する