ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

家畜の保護 ヒツジの毛皮を着た犬

スイスにオオカミが帰ってきた。オオカミが以前の生活圏を、再び取り戻したことは自然保護派にとってはうれしいニュースだが、羊の群れにとっては迷惑な話だ。そんなヒツジを、シープドッグを使って守る試みが行われている。

ヴァルター・ヒルトブラントさんは2002年、家畜の群れを保護するプロジェクトを、連邦環境省環境局(BAFU/OFEV)の依頼により、ヴァレー/ヴァリス州の山あいの村ジュワイジネン(Jeizinen)で開始した。現在、この村は家畜保護の中心となっている。

ヒルトブラントさんは、マレンマシープドッグ(家畜護身用の犬種)という犬がどのようにして羊の群れを守れるかを試験しているところだ。しかし、この解決策に懐疑的な人も大勢いる。ファビアン・シュタム氏が、ヒルトブラントさんを訪ねた。

(音声:英語)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。