Navigation

変貌する国際都市ジュネーブ

新型コロナ危機で指揮を取るWHOとは?

世界保健機関(WHO)は2019年末の新型コロナウイルスの出現以来、にわかにスポットライトを浴びている。同機関の職務は世界の医療ケアを推進し、国際基準を定め、公衆衛生上の緊急事態に対する国際的対応を調整することだ。しかし、新型コロナの封じ込こめに失敗したとして、その責任を問う声もある。

このコンテンツは 2021/05/19 09:30

WHOの本部はスイス・ジュネーブにある。今月下旬に開催される世界保健総会で、再びメディアの関心を集めるだろう。WHOの意思決定機関である同総会では、緊急事態への備えを強化し、ワクチンの公平なアクセスの確保を目指す議論が最重要議題だ。

しかし、私たちはWHOについて何を知っているだろう?誰が運営し、どのように資金を確保しているのか?1948年の設立以来、どんな実績があるのか?新型コロナのパンデミックでは、何ができて、何ができなかったのだろうか?WHOの歴史、これまでの取り組み、今後の課題など映像で説明する。

(英語からの翻訳・由比かおり)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?