Navigation

「スイスは分裂していた」元連邦閣僚のブロッハー氏

スイスは1992年の国民投票で、欧州経済領域(EEA)への不参加を決定した。それから25年経った今、右派国民党の元連邦閣僚クリストフ・ブロッハー氏が当時を振り返る。

このコンテンツは 2017/12/06 08:30

EEA参加の是非を巡り、賛成派と反対派は国民投票に向けて激しい論争を繰り広げていた。ブロッハー氏にはその頃の写真を元に、独自の視点から当時の出来事を振り返ってもらった。また、政敵、妻の活躍、「黒い日曜日」と言われる1992年12月6日の国民投票の思い出も語ってもらった。

(独語からの翻訳・鹿島田芙美)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。