Navigation

疲弊したコウモリ

絶滅の危機にある夜行性哺乳動物に光を当てる

このコンテンツは 2012/02/21 10:01

スイスにはおよそ30種のコウモリが生息しているが、そのほとんどが絶滅寸前に追い込まれている。自然保護団体プロ・ナチュラ(Pro Natura)はウサギコウモリを2012年の動物に指定し、この哺乳動物が陥っている苦境に注意を向けた。コウモリが今どのような状況にあり、またコウモリを救うため一般の人々に何ができるのかを探ってみた(ジュリー・ハント、swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。