Navigation

疲弊したコウモリ

絶滅の危機にある夜行性哺乳動物に光を当てる

このコンテンツは 2012/02/21 10:01

スイスにはおよそ30種のコウモリが生息しているが、そのほとんどが絶滅寸前に追い込まれている。自然保護団体プロ・ナチュラ(Pro Natura)はウサギコウモリを2012年の動物に指定し、この哺乳動物が陥っている苦境に注意を向けた。コウモリが今どのような状況にあり、またコウモリを救うため一般の人々に何ができるのかを探ってみた(ジュリー・ハント、swissinfo.ch)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?