世界遺産で氷上釣り スイス・エッシネン湖

スイス・ベルナーオーバーラント地方の世界遺産、エッシネン湖はこの冬、氷上釣りを楽しむ人で賑わっている。(SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2019/01/18 06:30

ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)はエッシネン湖のあるカンデルシュテークの山岳ガイド、フリッツ・ロレタンさんに取材した。ロレタンさんは毎日、氷の厚みが10センチ以上あり、氷上で安全に釣りができるかどうかを確認する。

ここではニジマスやカナダマス、カワマスが釣れる。だが釣果が25センチより小さい場合、湖に戻すのがルールだ。釣りをするには許可証の購入が必要で、多い日には150~200枚が売れる。

インスタグラムなどで写真を投稿する人が多く、どんどん人気が高まっている。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する