Navigation

いかに拒食症から脱出したか

メラニー・ヴィッガーさんは21歳。16歳で拒食症にかかったが今はすっかり回復し、現在スイスの有名な美術学校でイラストを勉強している。

このコンテンツは 2012/09/27 15:31

拒食症から回復する過程で、セラピーの一環として「拒食症の体験」と題する本を書きそれにイラストも付けた。その中でヴィッガーさんはこう書く。「回復への助けを認めるようになってから、人生が救われた」(Raffaella Rossello, swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。