Navigation

NGO「子供の地球」創設者死亡

スイスのNGO「子供の地球」の創設者エドモンド・カイサー氏が、インドで病死した。86歳だった。

このコンテンツは 2000/03/07 15:54

スイスのNGO「子供の地球」の創設者エドモンド・カイサー氏が、インドで病死した。86歳だった。

カイサー氏は、1914年パリのユダヤ人家庭に生まれた。1930年代、詩と演劇に興味を持つようになり、母と一緒にスイスのローザンヌに移住。その後、最初の妻とフランスに帰り、第2次大戦中はレジスタンスに身を投じ、ナチに死刑宣告されたが生き延び、1947年スイスに戻った。

アルジェリアの子供達の悲惨な状況のレポートに接し、衝撃を受けたカイサー氏は、1960年ローザンスで子供の地球を創設、現在では貧困、病気、戦争で苦しむ子供達を援助する世界規模のNGOになった。1979年、カイサー氏はテルの家を離れ、センティネレスを設立、途上国の子供達を性的虐待、売春、奴隷から救うために戦った。

フランス政府は、1990年カイサー氏に「名誉の勲章」を叙勲したが、カイサー氏は「苦しみ死んでいくビアフラの子供達のまん中に座っていて、あるいはナパームで皮膚が焼け爛れたベトナムの子供達と一緒にいて考えたが、叙勲の対象となったのは、この子らの受難だ。」と辞退した。

センティネレスのスポークスマンは、カイサー氏は本人の意志により、インドの簡素な墓に埋葬されたと、発表した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。