Navigation

スイスにはびこる強害草ショクヨウガヤツリ 防除強化を呼びかけ

ショクヨウガヤツリは主に塊茎の繁殖力が旺盛で、作物の苗立ちを妨げる雑草として問題化している。 Keystone
このコンテンツは 2018/05/07 13:00
swissinfo.ch with SDA/ug

連邦政府は、農作物に有害な影響を与える多年草雑草「ショクヨウガヤツリ(別名キハマスゲ)」の防除強化を呼びかけている。

連邦経済省農業局(BLW/OFAG)他のサイトへは、国や地方の専門家、および農業協同組合を対象に特別情報サイトを公開。州が提供した情報を元に、特にショクヨウガヤツリの分布地域を特定した詳細地図を作成。具体的な防除計画の促進を図った。

農業局は8年前、ショクヨウガヤツリの研究プログラムを立ち上げたが、雑草対策の進捗が遅いと各州から批判を受けていた。

専門家によれば、ショクヨウガヤツリは主に塊茎の繁殖力が旺盛で、作物の苗立ちを妨げる雑草として問題化している。

スペインでは塊茎は「タイガーナッツ」と呼ばれ食用として親しまれているが、その他のほとんどの国では雑草として駆除の対象となっている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。