Navigation

スイス、ナバリヌイ氏毒殺未遂疑惑でロシアに捜査を要請

アレクセイ・ナバリヌイ氏が治療を受けているベルリンの病院 Keystone / Hayoung Jeon

スイスの外務省は9日、ロシア野党勢力の指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏が毒物を盛られたとされる事件で、ロシア政府に捜査の実施・協力を要請した。

このコンテンツは 2020/09/10 11:57
Keystone-SDA/dos,ip

外務省は「完全かつ迅速な捜査」を求めた。必要であれば化学兵器禁止機関(OPCW)の関与もあり得るとした。

外務省はナバリヌイ氏への攻撃を強く非難。ナバリヌイ氏は「ロシアの政治において著名な人物であり、特に司法制度での独立と腐敗防止のために戦った」と述べた。

また、神経剤ノビチョクの使用を「非常に懸念している」とした。

ドイツは最近、この神経剤がナバリヌイ氏に投与されたことを「疑いの余地なく」発見したと発表。同薬物は、2018年3月に英国で起きたセルゲイ・スクリパリ氏の暗殺未遂事件にも使われた。

ナバリヌイ氏は8月、ロシア国内線搭乗中に体調の異変を訴え、ベルリンの病院に運ばれた。今週初め、人工的な昏睡状態から脱し、問いかけにも反応しているという。

ジュネーブでは8日、ミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官が、ロシアはこの件について独立した捜査の実施・協力を行うべきだと述べた。

同氏は声明で「過去20年間にロシア国内外で発生した、現・旧ロシア国民に対する毒物、またほかの手段による暗殺事件は、非常に憂慮すべきものだ」とした。

一部の国からは、ロシアへの制裁を求める声が出ている。ドイツはロシア政府に数日以内の説明を求めたが、ロシア政府は9日、「根拠のない告発・最終通告だ」と反発した。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。