スイスの視点を10言語で

ヒト以外の霊長類にも基本的人権を認める案は否決 バーゼル住民投票

動物園のゴリラ
イニシアチブ推進派は、ヒト以外の霊長類も知覚のある「個人」だと訴えた Keystone / Alexandra Wey

スイス北部のバーゼル・シュタット準州で13日、人間以外のすべての霊長類にも基本的人権を与えるべきだとする発議案について、世界で初めて住民投票が行われた。同案は反対多数で否決された。

動物愛護団体「Sentience Politics外部リンク」が2016年に立ち上げた住民発議(イニシアチブ)は、「人間以外の霊長類の身体的及び精神的完全性に対する権利」を保証できるよう、州憲法の改正を要求していた。可決されれば霊長類が「もの」ではなく知覚のある「個人」として扱われ、例えば州内の大学では霊長類での動物実験ができなくなるとされた。

13日の住民投票で、有権者の74.7%が反対し否決された。投票率は51%だった。同日に連邦レベルの投票で問われた動物実験の禁止も反対79.1%で否決された。

霊長類には、類人猿(ボノボ、チンパンジー、ヒト、ゴリラ、オランウータン)のほか、ヒヒ、マカク、ワオキツネザル、オナガザル、マーモセット、ロリス、キツネザルなどがおり、全部で300〜500種がいると考えられている。

イニシアチブ推進派は投票キャンペーンで、霊長類は「痛みに対する感度が非常に高く、亡くなった人を悼み、他の動物に思いやりを持ち、将来の計画を立てることができる」と訴えていた外部リンク

また、霊長類が持つこのような能力は、時に悲運のもとになってしまうとも主張した。「彼らは私たち人間に似ていることから、生物医学研究を行う対象として最適だと思われたり、観察や娯楽のために展示されたりする。そして利益が得られなくなったり、ケアが複雑になったりすると、手間をかけずに安楽死させることができてしまう。このような行為は、道徳的に正当化できない」

スイスでも有数のバーゼル動物園やスイス製薬業界の本拠地を抱えるバーゼル・シュタット準州議会はイニシアチブに反対。同議会は、スイスは世界で最も厳しい動物保護法を設けている国の1つで、このイニシアチブによって州内に生息する霊長類が今以上に保護されることはないと主張した。

「むしろ、私たちの基本的人権を希薄にし、人間と動物の境界線を曖昧にしてしまう。また、同イニシアチブは、動物を飼育すること自体を疑問視することになりかねない」

(英語からの翻訳・編集 大野瑠衣子)


ニュース

眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部